脳出血

脳出血の救急診断と治療

脳出血はCTによって即座に診断され出血の部位や程度を診断できます。
出血した部位と程度によって手術の必要性が決まります。出血が少量の時は手術の必要がなく、自然吸収させることができます。

しかし、大型出血では生命に危険がおよぶため手術をしなければなりません。
また、手術によっての血液が除かれるとリハビリテーションによる手や足の運動麻痺が回復し易くなります。
手術には開頭手術と1個の小さな孔を設けて血腫を吸引する方法とがあります。

大型脳出血に対して手術を行なった例

【左】手術前。白い部分が出血した血液。
【右】手術後。手術前の白い部分の血液が除去され、脳への圧迫も除かれました。

このページの先頭へ