t-PA治療

脳梗塞発症後、4.5時間以内のt-PA治療

脳血栓と脳塞栓とを総称して脳梗塞といい、脳血栓は脳の表面から脳内へ向う動脈が血液の塊によって閉塞される病気です。
脳血栓を発生した時に、血液が凝固して作られたばかりの血塊を溶かす事ができれば、塞がった動脈の血流が再開され症状も良くなります。
このような理想的な治療目的から開発されたのがt-PA治療です。

脳梗塞に対するt-PA治療を成功させるためには、脳梗塞発生から4.5時間以内に行わねばならないという重要な条件があります。
4.5時間以後では成功しないのみではなく、脳出血を発生する可能性が高いのです。t-PA治療を行うためには、超早期に脳梗塞の診断がされねばなりません。
このためには、運動麻痺や言語障害が突如に発生したときに、まず脳梗塞発生を疑って、当院のようなt-PA治療が出来るような体制を持っている専門病院へ受診し検査をすることです。

脳梗塞急性期のMRA画像

【左】矢印の部分で動脈が完全に閉塞しています。
【右】4.5時間以内にt-PAを注射することにより血栓が溶けて血管が再開通しました。

このページの先頭へ